2017年5月19日金曜日

放課後たち

2.0

何もかもが酷い、

一言でいえばク〇みたいな作品だった。

ほんと〇ソみたいな作品だった。

これで生計を立てている人がいるとおもうと逆に尊敬を覚えるくらいの作品。

でも、こんな仕事をしても社会人として生きていけるのかと思うと、さらに逆に気持ちが楽になった。

ありがたい。

ほんとありがたい。 

がんばれ、どこの誰かは知らないけど。

口裂け女VSカシマさん

3.0

もう何が何だか、

ラストのバトルは異次元の戦いだった。

この仕事で収入を得ている人がいるのかと思うと日本もまだ捨てたもんじゃないなと思ったのと同時に憤りを覚えた。

2017年5月8日月曜日

密室殺人ゲーム マニアックス

5.5

シリーズ3作目、

今回も最後にいろいろ詰め込んであって面白かった。

次回作も楽しみ。

2017年5月5日金曜日

赤ずきん

4.5

アマンダ サイフリッド主演の童話の赤ずきんの実写版。

実写版といっても、村人の中に紛れこんだ人狼を探し出すミステリー。

人狼ゲームの実写版といったほうがいいかも。

ただ、あまり推理要素はなく、タンタンと容疑者が一人ずついなくなり、

ラストシーンで一気に犯人が判明するパターン。


2017年4月30日日曜日

スーサイドスクワット

5.0

悪い奴がヒーローだったらおもしろいよね。

というアイデアを映画化した作品。

ただ、いろいろインフレを起こしていて、

電車をこなごなにできる敵が、

主人公たちと戦うときはなぜか肉弾戦になる不思議、

人間と、非人間の強さが特に理由がなくて、

対して変わりなかったりと、いろいろ残念だった。

あと、ハリウッド映画にありがちの、とりあえず日本人出しとくか、

といういつものお決まりがやっぱり個人的にいや。